博士

組込開発.comでは、受託開発以外にもスポット的な技術支援を行っております。製品企画・開発時又は量産後に発生した何らかのトラブルの対応など、お力になれる事がありましたら幸いです。

製品開発を行っていると思いもかけぬ所で問題が発生する事が有ります。大体トラブルと言うのは予定外ですので社内リソースだけでは足りなくなることが有ります。こんな時、スポット的に外部の力を借りたいと思った事は無いでしょうか?組込開発.comでは、以下の様な場合にお手伝いさせていただく事が可能です。

開発時の予定外のトラブル対応

小型化や回路を組み合わせたことによる性能劣化、EMC特性の悪化など、対処するために一時的にマンパワーが必要な場合にお手伝いさせていただきます。

トラブル対応
一時的にマンパワーが必要な場合

仕様検討時の事前実験のお手伝い

事前実験のお手伝い

新規回路/デバイスを採用する際には、使い方の確認をしたり、変なクセが無いかを事前に確認しておかないと、基板全体を作り直す羽目になる場合があります。事前の確認実験が必要だけど人手が足りない場合、お手伝いさせていただきます。

回路レビューへの参加による基板設計前の事前審査のお手伝い

基板を製作する以上、なるべく作り直しはしたくないですよね。しかし、十分なレビューが出来ていない場合単純ミスから、良く考えて見れば未然に防げた問題まで色々なトラブルが発生します。担当者の能力が幾ら素晴らしくても、単純ミスは起こりがちですし、違った経験を持つ人は別な視点でレビューに参加出来ます。”三人寄れば文殊の知恵”です。なるべく多くの人がチェックした方が品質が上がります。今まで経験した業務の知識を活かし、レビューに参加させていただきます。

回路レビューの参加
回路レビューへの参加

以下に担当者の保有技術/経験について紹介します。

  • V・UHF帯アナログ無線(アナログコードレス電話用・DECT用)
  • 特定小電力データ通信用無線回路(400MHz帯)
  • 自動車用リモコン無線回路設計(315MHz/433MHz)
  • RFID(LF/HF帯)回路設計
  • ワンチップマイコン回路設計(4ビット・8ビット・16ビット)
  • オペアンプを用いたオーディオ回路設計
  • 充電回路(Ni-Cd、リチウムイオン電池)
  • 省電力回路設計
  • 各種信頼性試験対策(電源変動/温度試験/EMC試験)など

各種携帯機器の設計を通して充電回路や省電力設計を、また市場に製品を出す為には一定の信頼性を持たなくてはならないので、耐ノイズ性の試験、電源変動、温度変動などに対応する設計技術を持っております。ブレッドボードレベルの実験回路を実機サイズに落とし込む際に、小型化による性能劣化なども経験しており、これを解決し、製品化に結び付けるなどの経験も有ります。

お気軽にお問い合わせください。03-4431-1807受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。