各メーカーのマイコン制御、ドライバ開発から制御アプリケーション開発まで設計から製造・評価まですべてに対応することが可能です。
OSレス、リアルタイムOS、Linuxなど各プラットフォーム上での開発経験が豊富です。

特に、弊社では無線開発を得意としております。
無線関連の実績例は下記、位置管理システムや2.4GHz帯 無線温度ロガーをご覧ください。

ハードウェア開発も可能なためソフト・ハードの一貫開発が可能となり、開発期間短縮やコスト削減にも貢献します。
組み込み機器、IoT、M2Mなどの開発でお困りであれば是非お問い合わせください。

ファームウェア開発 実績例

位置管理システム

位置管理システムのイメージ図
プログラミング言語C言語
Pythonなど
OSLinux

大規模な建設現場にてヒトやモノの位置、体温/心拍、作業員の転倒や落下などを検出し、現場の効率化と安全管理を実現したシステムです。

モノに取り付ける位置タグや、ヒトが利用するバイタルウォッチから発信される920MHz帯無線を受信することで、位置推定に利用する情報やバイタル情報を上位アプリに連携します。

遊戯施設向けデータ中継機器

データ中継器のイメージ図
プログラミング言語C言語
OSLinux

データセンターと貸機の間に位置し、最大2,000台の貸機に対して出玉情報の設定や、排出した玉やメダルの情報回収を行う中継機器です。

処理時間の長さが問題となっていた初号機を改善するため、組み込みLinuxを搭載した専用ハードウェア上にマルチプロセスでアプリケーションを実装、処理時間を数十分の一に短縮することに成功しました。

Multi Cuff Care

Multi Cuff Careのイメージ図
プログラミング言語C言語
ハードウェア要素エアーポンプ
圧力センサ
圧力開放弁など

腕や脚を加圧し脈動制御することで全身の血行改善や、加圧トレーニングをおこなう健康機器で、全国のクリニックなどに導入されています。

腕や脚の血流を一時的に止めることで血行改善をおこなうRIPモードでは、怪我の早期改善、冷え性改善、肩こり改善、神経痛改善、膝や肘の神経痛改善が期待できます。

2.4GHz帯 無線温度ロガー

無線温度ロガーのイメージ図
プログラミング言語C言語
ハードウェア要素無線モジュール
熱電対

動体物や、密閉空間からの温度情報取得を目的とした無線温度ロガーです。
1対N通信に対応し、最大100ポイントの温度情報取得が可能です。

独自開発の2.4GHz帯無線モジュールを用いる事で低コスト、短納期で実現し、お客様の課題を解決しました。

開発ステップ

ファームウェア開発 開発フェーズのイメージ図

お客様が企画・検討しているシステムの要件定義から、導入や保守まで対応する事が可能です。
ハードウェア開発、筐体・ケース開発、アプリケーション開発もおこなっているため、システム全体の開発を原理試作、試作開発から実施することが可能です。

お気軽にお問い合わせください。03-4431-1807受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。